スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所のこどもたち

2013-10-15

 近所の子供たちが遊びにくるようになりました。

両親共働きしているので、しいたんが、日中、家にいる日はあまりないのですが最近、近所の子供たちと仲良くなり、よく声をかけてくれるようになりました。

学校へも送っていくだけで、ママともと呼べるような人が回りにぜんぜんいないので、こういう光景を見るようになって、あー、しいたんも成長していっているんだなあと思います。

学校内で友達とうまく遊んでいるといいなあと思いますが、学校の外ではほとんど託児所にいるので、本当は私の目の届くところで遊ばせてあげたいなあと思っていますが、実際は託児所に迎えにいくと、そのあとで買物に行ったりとなかなか、外遊びをさせてあげられないことが多いのが現状です。

でもそのうち、ママだけかいものにいくから、遊んでていいよーなんていう日がくるんでしょうね。

わたしのほうが子供たちへの対応にどきどきしていて、毎回お菓子をあげたほうがいいのか、でもそればっかりでも、それを目当てに遊びにくるようになったら嫌だなあ、なんて変に考えてしまってうれしいような不思議な気持ちです。

でも数日たったら、しいたんも同じように感じていたのか、こどもたちがあそびにくるなり、「のどかわいた?おかしあげようかー?」なんて言っているのを聞いて笑ってしまいました。


スポンサーサイト

初登校

2013-08-30

 今日はしいたんの学校初登校日でした。

新しい制服に、靴を新調し、ぴかぴかの一年生という感じで登校していきました。

といっても、クラスの生徒たちはそのまま、1年上がるだけなので、同じクラスの子を見つけるとすぐに私の元を離れ走っていってしまったので、寂しいような、ほっとしたような気分でした。

アイルランドでは、4歳、5歳になると学校に入学します。ここでジュニアシニアインファントと呼ばれる学年で2年を過ごし、そのあとにファーストクラスと呼ばれる、1年生になります。

家庭の環境や親の考えによって、4歳か5歳かどちらかの年齢で学校に入学させるかを決めるので、同じ学年に2才くらい違う子供たちが同じクラスで勉強するということもでてきます。

しいたんのクラスにいる子でもう乳歯が抜けたという子がいるので、はじめはえーっとびっくりしたんですが、よくよく考えてみると、6歳すぎの子だったようで納得できました。

早期教育がいいという考えもあれば、ずーっと母親と一緒に家で過ごしていた子供を持つ親は、5歳になってから入学させる傾向が多いようです。

うちの場合は、私も仕事をしているので、幼いうちから託児所に預けることでしいたんが、家ではないほかの場所で一日を過ごすことが多かったので、学校へ行かせるのも4歳になっている時点で、大丈夫だろうという考えでした。

社交性の面では問題ないようで、普段、そんなにぐずることもないので、今日は安心して送り出すことができました。



tag : 学校 ジュニア シニア インファント 乳歯

おしゃべり大好き

2013-08-18

夏の間は、週末に1回プールに通っています。

といってもレッスンを受けているわけではないので、しいたんも気に入っているようで、毎回楽しく遊んでいます。

ここでは浮き輪が使えないのでビート版をかりたり、長い発泡スチロールのチューブになっているものを借りたりしています。

しいたんは人に話しかけるのが大好きで、いつも知らない人を見かけると、挨拶から自分のことを話し始めるので、プールでよく見かける人たちはみんなしいたんのことを知っています。

他の人で子供が嫌いな人には迷惑だろうなあとおもっていますが、今のところみんなとても親切に、しいたんのおしゃべりに付き合ってくれているので、私の方がはずかしくなるくらいです。

とくに、更衣室では、しいたんをさきに着替えさせて、私が着替えている間はお菓子を食べているので、しいたんは他の人としゃべり放題。。
以前は、お菓子を食べているときは静かに座って食べていたのですが、いまは誰かが来るとたいてい知っている人だったりするので、プールで泳いでいるときよりも、更衣室でお菓子を食べながらおしゃべりをするほうを楽しんでいるようです。

ホテルのベッド

2013-07-24

 ここ数週間ほど、お天気がとてもいいので、気分もよくなります。

先週末に北アイルランドのほうへ観光とドライブがてら1泊してしてきました。

ここで泊まったホテルなんですが、部屋の家具がどれもかなり高くてびっくりしました。

トイレの便座も私が座ると足が浮いてしまうくらいだったので、しいたんは一人で用をたすことが難しかったようです。

ベッドもかなり高く、ベッドガードを入れてもらうことをすっかり忘れてしまい、その夜しいたんは、ベッドから何回も落ちました。。

床がじゅうたんだったのですが、しいたんが落ちたことに気づいてからすぐにそこらじゅうのクッションを床に置きました。案の定、それから何回か落ちました。あまりにも落ち続けるので床で寝かせようかともおもったのですが、余分に使えそうな布団が見つからず、結局何回もベッドに運びました。

翌朝、しいたんはあんなにベッドから落ちたにもかかわらず、まったく覚えていなかったので、びっくりしましたが、疲れていたのかもしれません。

アイルランドのホテルでは子供がいると伝えると、コットといって、赤ちゃん用のベッドを用意してくれますが、日本のものよりはかなり大きめなので5歳くらいでも使えるときがあります。ただ、しいたんはベッドで寝たいというので、そうしましたが。

こんなとき日本の和室が恋しくなります。

水泳

2013-07-04

今日は私のことについて少し。

最近朝早くおきて、一人でこっそりプールに行っています。
週2回なんですが、20-30分ぐらい平泳ぎで軽く流してから、家に帰ってきてみんなを起こしています。

続けられるかなあと思っていましたが、2ヶ月くらいたちました。

体重が3キロ弱落ちて、なんとなく体が引き締まった感じです。

いつも時間に余裕が持てず、ばたばたと暮らしていますが、少し生活の仕方を変えてみようと思いはじめました。

こちらには日本で見かける温泉がないので、私にとっては水セラピーのような感じで、このまま続けていけたらと思っています。

tag : 平泳ぎ

ダブリンの天気
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

うぱるぱん

Author:うぱるぱん
アイルランドに住んでいます。家庭保育園を知り、幼児教育に興味がありますが、のんびりやっています。日本語教育に力を入れたいのですがなかなか母親ひとりでは難しいところです。。。



カテゴリ
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
ライブラリー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめバナー
クリックで救える命がある。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。